petapeta

「私は最初、近世の江戸の住人たちが日常的に行っていた動作(しぐさ)の意味だと思った。しかし、少し調べただけでこの認識は誤っていたことがわかった。「江戸しぐさ」は現代人の造語だったのである。」ー本書P18より
「「江戸しぐさ」は一九八〇年代に提唱されはじめたものであり、芝三光をはじめとする現代人の創作である。 ゆえに、実際の江戸時代の風俗とかけ離れていたり、江戸時代においては使う意味がない、或いは使うと逆に不利益を被りそうなもののオンパレードである。」ー本書P40より


そう、「江戸しぐさ」は虚偽なのです。
野菜やキノコをじっくりコトコト煮込んだスープ」や「バナナ」「かき氷」「チョコレート」などが「江戸時代にもあった!」と主張されているなど、創作するにしても時代考証をやる気がなさ過ぎる

gkojax
熱心に説明してくれる科学おじさんや科学青年のかたとの話からは、科学が本来もつわくわくするような夢と情熱が感じられた。私は思うのだけど、平和教育というのは平和の理念や悲惨な写真を見せつけることより、科学のわくわくする夢を語れる青年を育てることではないだろうか。